ガイドライン


・本ガイドラインはNether Server Networkが運営する全てのサーバーで有効です。
・初回チュートリアルを終え、サーバーにログインした時点で本ガイドラインに同意したものとします。





共通ガイドライン


第1条

(禁止事項)



以下の行為を禁止事項に指定し、これらの行為を固く禁じます。

・自身が所有しない建築物および道路を無断で破壊する行為
・許可なく自信が所有しない敷地内/建築物へ侵入する行為
・チャットでの暴言や誹謗中傷などの他プレイヤーに迷惑をかける発言
・サーバーの運営に支障をきたす行為・運営チームによる警告の無視
・当サーバーに関係のない宣伝行為
・その他、公序良俗に反する行為や、不適切と判断される行為





第2条

(不正行為)



以下の行為を不正行為に指定し、これらの行為を固く禁じます。

・ハッククライアントおよびこれに準ずるチートの使用
・ゲームバランスを著しく崩す行為
・不具合を利用して利益を得る行為および不具合の存在を流布する行為
・意図しない方法で不正に利益を得る行為



第3条

(処罰の決定)



第1条, 第2条に違反したプレイヤーには、違反内容に応じて処罰が与えられます。処罰の決定は運営チームによる協議で決定し、サーバー管理者もしくはそれに準ずる権力を有する者が処罰を執行するものとします。





第4条

(異議申し立て)



処罰を受けた全てのプレイヤーは異議の申し立てを行う権利を有します。異議の申し立てが受理された場合には再審が行われ、プレイヤーに一切の過失がなく不当に処罰を受けたと判断された場合にはいかなる処罰も解除が行われるものとします。異議の申し立ては処罰を受けてから3ヶ月以内とし、この期間を超えての申し立ては受理されないものとします。





第5条

(グローバル評価値)



他サーバーで度重なるグローバルBANを受け、MCIDに関連づけられている評価値が著しく低いプレイヤーは、理由のいかんを問わずBAN措置の対象となる場合があります。





第6条

(サーバー内評価値)



初期状態において、全てのプレイヤーのサーバー内評価値は10点に設定されます。プレイヤーがガイドライン違反行為を行う度に、その程度に応じてサーバー内評価値が減点が行われます。サーバー内評価値が0点になった時点でBAN措置が執行され、この場合の異議申し立ては受理されません。





第7条

(処罰内容)



第1条, 第2条に規定される特に悪質な行為を行ったプレイヤーにはBAN措置もしくはゲーム内財産の差し押さえのいずれかを行います。これ以外でガイドラインに抵触する行為を行ったプレイヤーには、その程度に応じてサーバー内評価値の減点を行われます。
ただし、プレイヤーの行為が害悪である場合や著しく運営に支障をきたす場合にはサーバー内評価値を考慮せず、BAN措置を行う場合があります。

いかなる場合でも、BAN措置の解除は原則行われません。

BAN措置が確定したプレイヤーの情報は記録され、他サーバーとの連携のためBANプレイヤーデータベースに公開されるものとします。





第8条

(法的措置)



不正アクセスやサーバーに負荷をかけるなどの害悪な手法で本サーバーの運営妨害を行った場合、電子計算機損壊等業務妨害罪による法的措置の検討を行います。





第9条

(免責事項)



Minecraftアカウントの貸借を行って本サーバーにログインした場合、アカウントにおける全ての行動の責任はアカウント所有者に帰属するものとします。なお、アカウントの貸借は異議申し立ての理由になり得ません。





建築におけるガイドライン


第10条

(建築基準)



建築を行う場合、以下の建築基準を満たす必要があります。

・周囲の景観を乱してはならない
・地下・空中ともに自身の所有する土地を超えての建築を行ってはならない
・自信が所有する土地は、所有者情報と範囲を明確にしておく必要がある
・周囲の建築物および他プレイヤーに害を与える建築を行ってはならない
・トラップタワーや高クロック回路などの、サーバーに負荷をかける建築を行ってはならない





第11条

(撤去条件)



運営は以下の条件を満たした建築物に対して、所有者の許可なしに撤去もしくは移動させることができます。

・第10条に規定されている基準を満たしていない建築物
・BAN措置を受けたプレイヤーの建築物
・3ヶ月以上ログインしていないプレイヤーの建築物





第12条

(抗争)



土地をめぐるプレイヤー間の抗争が発生した場合、運営はいかなる場合でも関与しません。ただし、サーバー運営に支障をきたすと判断した場合にはこの限りではありません。





第13条

(私鉄の建設)



他プレイヤーに利用可能な移動手段(私鉄)を建設する場合、運賃徴収の有無にかかわらずプレイヤーはその旨を運営に届け出る必要があります。





運営に関するガイドライン


第14条

(支援)



開発チーム、運営チーム(以下、運営)はいかなる場合でも特定の個人を支援することはできません。ただし、以下に定める項目を満たしている場合には例外的に支援を行うことができます。

・プレイヤーが荒らし/盗難の被害に遭った場合
・ワールドリセット時における移転サポート実施期間中
・プレイヤーが私鉄建設の申請を行った場合





第15条

(処罰)



運営メンバーにおいても、一般プレイヤーと同様の処罰を受けるものとします。





第16条

(代理)



サーバー管理者が不在の場合、サーバー管理者が指定する代理人が業務を代行するものとします。





第17条

(ガイドライン改正)



運営は独自の裁量でガイドラインを改正することができます。ただし、改正時には全プレイヤーに通知を行うものとし、改正後のガイドラインは改正から7日後に適用されるものとします。





条例に関するガイドライン


第18条

(条例)



各ワールドの領主は、ワールド内のみで有効な条例を制定することができます。条例は本ガイドラインと同等の効力を持つものとし、違反時には同等の罰則が与えられます。





第18条

(条例制定)



条例の制定を行う場合、領主は運営に申請を行う必要があります。





チュートリアル認証はこちら